ERPコンサルタントの役割とは?導入企業が活用すべき理由を解説!

  • 2022/12/8
  • ERPコンサルタントの役割とは?導入企業が活用すべき理由を解説! はコメントを受け付けていません

近年、数多くのビジネスツールがクラウドサービスとして提供されており、「ERP」という言葉も当たり前のように使われる時代になりました。今では大企業に限らず中小企業においても、ERPの導入を検討するケースが増えています。

ERPコンサルタントは「ITには詳しくない」「失敗するリスクを最小限にしたい」など、ERPの導入に不安を抱える企業にとって頼りになる存在です。業務改善から経営改善まで、システム導入を成功させるための多面的な支援を行っています。

この記事では、ERPコンサルタントの役割と必要性について解説するとともに、コンサルタント選びのポイントについてお伝えします。

ERPコンサルタントとは

ERPとは、Enterprise Resources Planning(企業資源計画)の略で、人材、製品、お金、情報といった企業の資源を一元管理するシステムを意味します。そこで企業のシステム導入をサポートするのが、ERPコンサルタントです。

ERPについて詳しく知りたい方は、以下の記事を合わせてご確認ください。

関連記事:「SAP ERPとは?基礎知識からメリットまで解説

ERPコンサルタントの役割と仕事内容

次に挙げるのが、ERPコンサルタントの主な仕事内容です。

  1. 課題の調査と分析
  2. 業務の最適化
  3. ERP導入サポート
  4. ERP運用サポート

ERPコンサルタントは、ERP導入に関わる支援を一貫して行うために幅広い役割を担うのが特徴です。

課題の調査と分析

ERPコンサルタントがまず行うのは、企業の業務内容や経営課題のヒアリングです。ヒアリングの目的は、なぜERPを導入するのか、ニーズやメリットを明確にしていくこと。経営陣に限らずシステム導入に関わるすべての部門において、どのような課題を抱えているのか細かく分析します。

業務の最適化

次に行うのが、業務の最適化です。ERPコンサルタントは、企業に必要なERPの検討とあわせて、業務改善や経営改善に関するさまざまな提案をしていきます。たとえば既存の業務をどのようにERPに移行していくかなど、業務の最適化のために具体的な方法を検討します。

ERP導入サポート

企業のニーズに合わせたシステム導入のために、設計から開発まで携わってプロジェクト管理を行うこともERPコンサルタントの重要な役目です。ヒアリングで得た情報に基づき開発チームと綿密にコミュニケーションを取りながら、最適なシステム構築を実現させます。

ERP運用サポート

システムの導入後に必要なのが、実際に課題が解決できたのか、業務がどれほど効率化したのかを確認すること。必要に応じてアップデートを行う場合や問題が生じた場合など、ERPコンサルタントは運用におけるサポートまでを担います。

ERPコンサルタントの必要性

企業の規模や業種を問わずシステム化が進んでいる昨今、導入コンサルタントの需要も増しています。ERPコンサルタントの存在は、システム導入が成功するか否かに大きく影響を及ぼすと言っても過言ではありません。

ERPシステム導入の失敗事例

ERPコンサルタントの必要性を理解するために、システム導入に失敗した事例を紹介します。

製造業の中小企業が、社内情報を一元管理しようとERPの導入を決めたケースです。導入前の打ち合わせには特定の部門が代表して参加し、システム開発をはじめとするERP導入の大部分をベンダーに任せて進めました。結果として、ERPの導入は単なるデータの一元管理に留まってしまい、業務の改善にはつながりませんでした。

一つ目の問題点は、ベンダー任せにしてしまったこと。社内の関係部門と連携が取れておらず、自社の業務プロセスについてベンダーと細かい共有ができていませんでした。ベンダー任せにしすぎると、ERPと業務プロセスが合わないといった問題が生じてしまいます。

二つ目の問題点は、社内情報の一元管理が目的になってしまい「どう業務に活かすか」を十分検討せずにシステム導入を急いでしまうケースです。導入後には、システムを業務に合わせることも、反対に業務をシステムに合わせることも困難でシステムが定着せずに終わってしまいます。

このようなシステム導入の失敗は、コンサルティングを通じてリスクを回避することが可能です。

ERPコンサルタントを活用すべき理由

ERPコンサルタントを活用することで、企業は長期的なメリットが得られます。

まずは、ERP導入を含めた経営戦略を客観的に把握できること。経営を続けていくうちに、経営資産や経営課題は絶えず変化していきます。経営戦略を立てるためには、客観的な目線で経営資産を正しく把握することが重要です。そのためにも外部のコンサルティングはひとつの選択肢です。

次に、ERPコンサルタントの専門知識とコミュニケーション力を改善に役立てられること。新しいシステムを積極的に導入し、業務の効率化を図るなど、ITシステム全体への深い知識は企業経営に役立ちます。また、コンサルタントの高いヒアリング力やコミュニケーション力は導入後の課題解決の手助けにもなります。

ERPコンサルタントを選ぶポイント

ERPの導入を成功させるためには、ERPコンサルタントを選ぶポイントを知っておくことが大切です。

一つ目は、同業種企業へのERP導入実績があることを確認しましょう。ERPの活用は導入先の業種によって必要な機能や構築方法が異なります。同業種企業への導入実績があれば、適切なノウハウを熟知している可能性が高く、スムーズな導入が見込めます。

二つ目は、コミュニケーション能力が高いことです。長期にわたって継続的かつ良好なコミュニケーションをとるには専門用語を分かりやすく説明できる、意図を十分に理解できるなど、コンサルタントの能力が深く関わります。

三つ目は、料金体系が分かりやすいことです。コンサルティングの依頼にあたって、見積書で単価や仕様の詳細から導入後サポートの費用まで事前に確認しておくことが大切です。料金体系が分かりやすいほど、後々トラブルを抱えるリスクを減らせます。

まとめ

ERPコンサルタントの役割は、企業がスムーズにERPを導入できるようサポートすることです。それぞれのERP製品に特徴があるように、コンサルティング会社やコンサルタントであっても個々の経験に基づく得手不得手があります。

ERPコンサルティングを依頼する場合には、自社に見合ったコンサルティングサービスを見極めることが大切です。ERPの導入を検討している方は、今一度専門的なサポートの必要性を考えてみてはいかがでしょうか。

導入コンサルティングから運用支援まで!世界No.1のクラウドERP「NetSuite」

ERPの導入を成功させるためには、ERPコンサルタントの依頼がおすすめです。世界No.1のクラウドERP「NetSuite」では、企画・導入のコンサルティングはもちろん、導入後の保守サービスまで継続的にサポートします。

NetSuite」の機能をはじめ、提供サービスについて詳しく知りたい方は下記のページからご確認ください。
世界No.1のクラウドERP「NetSuite」の詳細・お問い合わせはこちら

関連記事

関連サービス

情シス求人

  1. 第二創業期を基盤から支えます。大手クライアント中心。リモートワーク可/フレックス求人! 『サイ…
  2. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  3. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  4. あなたのやりたいことを、叶えてください! 今回は、千代田区岩本町に本社を構える株式会社クリアス…
ページ上部へ戻る