Windows対応!iPadを無料でサブディスプレイ設定する方法を解説

  • 2023/2/2
  • Windows対応!iPadを無料でサブディスプレイ設定する方法を解説 はコメントを受け付けていません

在宅ワークが急速に浸透した昨今では、在宅での作業環境を整えることは重要な課題です。在宅ワークでの作業効率を高める一つの手段として、マルチディスプレイの利用が挙げられ、サブディスプレイとしてはiPadも利用できます。
しかし、「iPadをサブディスプレイとして設定する方法がわからない」「Windowsのパソコンでも無料で設定できるのだろうか」と悩む方もいるのではないでしょうか。
そこで本記事では、iPadをサブディスプレイとして設定する方法やメリット、デメリットなどを解説していきます。

 

iPadをサブディスプレイ設定するために必要なもの

iPadをサブディスプレイ設定する際は、専用のアプリが必要です。Windowのパソコンを無料で利用できる専用アプリとしては、具体的には「SPACEDESKアプリ」がおすすめです。
次章では、SPACEDESKアプリを使ってiPadをサブディスプレイ設定する手順を解説します。

iPadをサブディスプレイ設定する手順

iPadをサブディスプレイ設定する手順は、以下の流れです。

  • パソコンでSPACEDESKアプリを起動する
  • iPad側でもSPACEDESKアプリを起動する
  • iPad側で対象のパソコンを選択する

順番に解説していきます。

パソコンでSPACEDESKアプリを起動する

まずは、パソコンでSPACEDESKの公式サイトからアプリをインストールし、アプリを起動します。

iPad側でもSPACEDESKアプリを起動する

iPad側でもSPACEDESKアプリをインストールし、アプリを起動してください。iPadでは、App Storeで「SPACEDESK」と検索すればアプリが出てきますので、インストールしておきます。

iPad側で対象のパソコンを選択する

iPad側でSPACEDESKアプリを起動すると、接続する対象パソコンのIPアドレスが表示されるため、タップしましょう。iPadの画面にWindowsパソコンの壁紙が表示されたら接続完了です。

サブディスプレイ設定を終了したい場合

作業終了後、サブディスプレイ設定を終了したい場合は、パソコン上でSPACEDESKアプリの設定を開いてオフを選択すると終了できます。また、もしiPadの画面が白黒になっている場合は、SPACEDESKアプリを最新版にする必要があるため、アップデートしておきましょう。

 

iPadをサブディスプレイ設定するメリット

iPadをサブディスプレイに設定するメリットは、主に以下の3点です。

  • モニター画面が広くなる
  • iPad側でタップ操作ができる
  • 自宅以外で働く際にも使いやすい

順番に解説していきます。

モニター画面が広くなる

サブディスプレイを設定することで、パソコン1台の場合よりもモニター画面が広くなり、作業がしやすくなります。複数のアプリやファイルを切り替える手間などが減るため、生産性向上が図れるでしょう。

iPad側でタップ操作ができる

iPadをサブディスプレイに設定すれば、パソコンでのキーボード・マウス操作だけでなく、サブディスプレイとなっているiPadでもタップ操作ができます。たとえば、資料に手書きしたい場合などは、マウス操作よりもタップ操作のほうが便利です。

自宅以外で働く際にも使いやすい

通常のディスプレイと比べて、iPadはコンパクトで持ち運びやすいという利点があります。サテライトオフィスで働く場合など、自宅以外の場所に移動する際にもiPadだと便利に使えるでしょう。

 

iPadをサブディスプレイ設定するデメリット

一方で、iPadをサブディスプレイに設定するデメリットとしては以下の2つが挙げられます。

  • 操作時にタイムラグが生じる場合がある
  • iPad画面では複雑な作業はしにくい

操作時にタイムラグが生じる場合がある

iPadをサブディスプレイ設定した際、操作時にタイムラグが生じる場合があります。特に無線接続でWindowsパソコンとiPadを連携して作業を行う場合は、動作遅延が発生する可能性があるので注意しましょう。

iPad画面では複雑な作業はしにくい

iPad画面は通常のディスプレイよりも小さいため、細かい作業や複雑な作業には不向きです。たとえば、エクセルでデータを閲覧・編集したい場合などは、iPad画面だと難しい可能性があります。

 

iPadをサブディスプレイ利用するのに適したシーン

iPadのサブディスプレイ利用には前述のとおり一長一短がありますが、どのようなシーンで効果的なのでしょうか。効果的な利用シーンとしては、主に以下が挙げられます。

  • ブラウザ検索用や図表の閲覧用として画面を増やしたい場合
  • マウス操作よりもタップ操作のほうが簡単な作業の場合(手書き作業など)
  • カフェやサテライトオフィスなど、自宅以外の場所に持ち運ぶ機会が多い場合

上記に当てはまる場合は、積極的にiPadをサブディスプレイとして利用していくとよいでしょう。

 

まとめ

WindowsのパソコンとiPadを無料でサブディスプレイ設定したい場合は、「SPACEDESKアプリ」がおすすめです。SPACEDESKアプリをパソコンとiPadの両方で起動し、接続することでiPadが簡単にサブディスプレイ化するので便利です。

iPadであれば持ち運びに優れているため、外出して作業する際など特に効果的です。一方で、iPad画面では複雑な入力作業などはしにくいため、ブラウザやデータ閲覧用などに利用するのがよいでしょう。

iPadをサブディスプレイとして有効活用し、作業効率化を図っていきましょう。

 

関連記事

情シス求人

  1. 第二創業期を基盤から支えます。大手クライアント中心。リモートワーク可/フレックス求人! 『サイ…
  2. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  3. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  4. あなたのやりたいことを、叶えてください! 今回は、千代田区岩本町に本社を構える株式会社クリアス…
ページ上部へ戻る