タブレット端末出荷台数調査(2020年度通期)-MM総研

教育市場向け特需で初の1000万台超えとなる1152万台に

様々ところからFY2020 におけるGIGAスクール特需の話は耳にしているが、ICT市場調査コンサルティングのMM総研(以下、MMRI)でも、2020年度通期(2020年4月~2021年3月)の国内タブレット端末の出荷台数を調査し、その結果を発表している。
調査の結果、2020年度通期の出荷台数は前年度比62.9%増の1152万台となった。日本でタブレット端末が発売された2010年度以降の通期出荷統計において、これまでの過去最高であった2014年度(929万台)を大きく上回り初の1000万台超えを記録している。

先に述べたように大幅な出荷台数増加の要因としては、やはりGIGAスクール構想による小中学校向けのタブレット配備の特需であると分析する。
GIGAスクール向けタブレット市場においてはiPadとWindowsがその恩恵を大きく受け、通期出荷台数としてそれぞれ過去最高を記録した。なお、2021年度はGIGAスクール特需がひと段落することで、前年度比11.5%減の1020万台と予測している。

【データ1】2020年度 国内タブレット端末出荷台数

<出典:MM総研>

 

メーカー別出荷台数は2010年度よりAppleが1位を継続

2020年度通期のメーカー別出荷台数シェア1位はAppleで、通期出荷台数として11年連続で1位を獲得した。特にWi-Fi iPadが大幅に増加した。

2位はNECレノボグループ、3位はMicrosoft、4位は富士通、5位はDynabookの順となった。5位の富士通には富士通クライアントコンピューティング株式会社および富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社の出荷端末を含む(データ2)。2位から5位のメーカーについてはGIGAスクール需要によるWindowsタブレットの増加が貢献した。

【データ2】2020年度通期 タブレット端末メーカー別出荷台数・シェア


<出典:MM総研>

 

OS別はiPadが3年連続1位を獲得

OS別の出荷台数・シェアはiPad OSが通期出荷台数として2018年度から3年連続1位となった。2位はWindowsで、こちらもGIGAスクール特需を受けて前年度から2倍以上となった。3位のAndroidは、台数は前年度を上回るもののOS別シェアは低下した。(データ3)。

データ3】2020年度通期 タブレット端末OS別出荷台数・シェア


<出典:MM総研>

 

2021年度予測は1020万台、2021-2022年度は高等学校向け配備に期待

MM総研では2021年度通期のタブレット出荷台数を前年度比11.5%減の1020万台と見込む。以降、2022年度950万台、2023年度860万台と予測する(データ1)。
GIGAスクールによる特需は2020年度がピークであったが、2021年度にも一定規模の需要が期待される。
但し、2020年度は小中学校向けがメインであったが、2021年から2022年度には高等学校向けの端末配備が期待されるが小中学校程の規模にはならないと考えられる。しかしながら、中期的には小中学校向け端末のリプレース需要も想定されるだろう。
セルラータブレットの本格的な回復には低調に推移している携帯キャリアのタブレット販売戦略の転換が必要であるが、現段階では変化の兆しは見受けられない。
尚、不確定要素として、今後の5Gサービス普及に伴う対応タブレットの動向には注目すべきではあるが、”何の為に必要なのか”それ次第である。


■タブレット端末の定義
①Wi-FiもしくはWi-Fi+3G回線(以上)の通信機能を搭載
②動画・音楽・電子書籍・学習機能などのコンテンツが利用可能
③6インチ以上のディスプレイを搭載(※2)
④以下のOSを搭載(iOS・Android・Windows(※3))
⑤キャリアや端末メーカーがタブレット端末と位置付けている製品

※2:6インチ台のキャリア向けセルラー端末はタブレットに含めない
※3:Windows RTもしくはWindows 8以降のOS搭載のスレート型パソコン(コンバーチブル除く)
注:今後の製品状況等により変更する可能性があります


本レポートは、MM総研様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=493

関連記事

ピックアップ記事

  1. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  2. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  3. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  1. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラストセキュリティ#09:実装編4「Akamai Technologies」

  2. 株式会社アルペン「IT部門チーフ候補(将来マネジャー候補)」ポジションのご紹介[PR]

  3. ホームルーターはテレワーク(在宅勤務)のセキュリティ向上に貢献するか?

  4. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#18:悩める情シスこそ一度職場環境を振り返ってみよう

  5. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラストセキュリティ#08:実装編3「Illumio」ラテラルムーブメントを封じ込め

  6. ビジネスパーソンに求められる新たな資質「Di-Lite」

  7. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラストセキュリティ#07:実装編2「Palo alto Networks」

  8. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #3 手口と対策を知る

  9. 【情シス基礎知識】今だからこそWindows Helloが生きる!?

  10. いまさら聞けない【情シス知識】Chromebookは安全なのか?

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  2. 「Chromebookにはウィルス対策がいらない」そんな言葉を見聞きしたことはないでしょうか? 文…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る