国内クライアント仮想化市場シェア-IDC

15日、IDC Japanは、国内クライアント仮想化市場に関し、シンクライアント専用端末市場、クライアント仮想化ソフトウェア市場、クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場、クライアント仮想化サービス市場、モバイル仮想化ソリューション市場それぞれの主要ベンダーの競合状況を分析し、その結果を発表した。

国内シンクライアント専用端末市場の2018年の出荷台数は、総計24万3,512台、前年比19.3%増とプラス成長に転じた。メーカーシェアで富士通が初めて1位を獲得。2位は日本HP、3位はデル、4位はAtrust、5位はNECと続いている。フォームファクター別に見ると、2018年は、全体の43%をモバイルシンクライアントが占め、IDCで調査を開始した2008年から過去最高の割合となった。

<参考資料>国内シンクライアント専用端末市場 ベンダー別 出荷台数シェア、2018年

Source: IDC Japan, 5/2019

このモバイルシンクライアント市場は興味深く、世界市場での需要は低くのだが、日本国内でのみ需要が高いという製品である。選定ポイントは軽さ、スクリーンサイズ、性能、デザイン、堅牢性で、歩いて持ち運ぶ機会の多い国内市場において、軽さの優先順位が高い傾向が伺える。

2018年 国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場売上額は6,284億円、前年比6.6%増で、ベンダー別では、上位から富士通、日立製作所、NEC、日本ヒューレット・パッカード、IBM、NTTデータの順となった。

2018年 国内クライアント仮想化サービス市場売上額は676億円、前年比12.6%増で、ベンダー別では、上位から富士通、日鉄ソリューションズ(NSSOL)、NTTデータ、NEC、日立製作所、IIJの順となった。

2018年 国内モバイル仮想化ソリューション市場売上額は257億円、前年比で13.3%の成長。ベンダー別では、順に富士通、e-Janネットワークス、NTTテクノクロス、スプラッシュトップ、RSUPPORT(アールサポート)となっている。富士通は、主力製品であるFENICS IIで、リモートアクセスサービスのFENICS II ユニバーサルコネクト(FENICSはFujitsu Enhanced Information and Communication Services、富士通が提供する企業向けネットワークサービスの総称)が、前年比で大きく成長した。

上記4つの市場で、富士通が全て1位を獲得しているが、これはIDCで市場調査を開始して初のことである。

「2019年は、デジタルワークスペースがさらに革新し、インテリジェントワークスペースへ発展するであろう。セキュリティ/認証系のクラウドサービス、ストレージサービスなどの新技術を見極めながら自社エンドポイント環境に融合させることが求められている」とIDC Japan PC、携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストである渋谷寛氏 は述べている。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ45065019

関連記事

関連サービス

情シス求人

  1. 第二創業期を基盤から支えます。大手クライアント中心。リモートワーク可/フレックス求人! 『サイ…
  2. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  3. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  4. あなたのやりたいことを、叶えてください! 今回は、千代田区岩本町に本社を構える株式会社クリアス…
ページ上部へ戻る