国内ITサービス市場予測(2018~2023年)-IDC

IDC Japanは、国内ITサービス市場予測を発表。国内ITサービス市場は2019年以降も緩やかな成長を継続し、2023年には6兆408億円になる見通し。

2018年の国内ITサービス市場は、前年比成長率2.1%の5兆6,664億円になったとみている。2016年以降、国内ITサービス市場は、金融や公共/公益における大規模プロジェクトが終息に向かった影響により、成長率は1%台にまで鈍化した。2018年も、その影響は残ったものの、製造や流通におけるIT投資の拡大により、成長率は2%台にまで上昇したと考えている。

国内ITサービス市場 支出額予測: 2018年~2023年

Note: 2018年は実績推定値、2019年以降は予測
Source: IDC Japan, 2/2019

2019年以降、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業はさらに増加すると考えられる。全社的な変革を図り、競争優位の確立につながるような新たな製品やサービス、ビジネスモデルを創出できる企業は限られるものの、レガシーシステムの刷新やクラウド環境への移行、業務プロセスの効率化や自動化への取り組みが進むことで、ITサービス支出の拡大に寄与し、2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックによる支出拡大効果も見込まれる。

しかしながら、2021年には反動減となり、また、国内経済の低成長見通しや、ITサービスの代替製品/サービスの拡大は、市場成長を阻害する要員になる。その為、2018年~2023年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は1.3%で推移するとIDCでは予測している。

DXに取り組む企業の増加は、それを支援するITサービス事業者にとって、新たな事業機会が見込めるというプラスの側面だけでなく、求められるサービスの内容や形態、サービス提供の手段や方法論に変更が生じることで、従来のビジネスモデルからの変革を迫られるという側面も有している。IDC Japan ITサービス リサーチマネージャーの木村 聡宏氏 は「DXで重要なことは、継続的に実践し、そこで得た経験を活かすことである。ITサービス事業者は、企業のDX推進を支援するパートナーとして、自らのDXに率先して取り組むべきである」と述べている。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ44888319

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. PCNW:心を燃やせ!IT推進の熱意を伝播させるには?

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. 【脱!SIerへの丸投げ】IT投資効率を悪化させるSI業界 vol.4 ~100%直を探そう~

  10. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  3. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  4. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  5. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
ページ上部へ戻る