【目指せ一発合格!】CCNAのおすすめ勉強方法や必修教材を徹底解説

基礎的なネットワーク知識やルーター・スイッチに関する技術力を証明する資格「CCNA」。ネットワークエンジニア・インフラエンジニアとして活躍したいと考えている方の中には、取得を検討している方も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、CCNAの勉強方法について詳しく解説します。出題範囲や合格ラインなど基礎的な知識から、おすすめ勉強方法や必修教材まで幅広くご紹介します。
効率の良い勉強方法を取り入れて、出来るだけ簡単にCCNAを取得したい方はぜひ参考にしてください。

 

CCNA取得には勉強が必須!

世界共通基準のネットワークエンジニア技能試験「CCNA」を取得するためには、自身に合った教材を活用し、効率よく勉強しなければなりません。
CCNAは「シスコ技術者認定」の中でもっとも基礎的な内容が出題され、IT業界未経験者でも取得可能な比較的難易度の低い試験といわれています。ただし、ネットワークやルーター・スイッチ関連の知識が幅広く問われるため、広く浅い学習が必要です。
なお、合格までに必要な勉強時間の目安としては、講座や教材を使い、1日5〜7時間程度の学習を行って、2ヶ月以上かかるといわれています。もちろん、1日の勉強時間やもともとの知識量によって、必要な時間は大きく変わるため、あくまで目安として参考にしてください。
なお、CCNAの受験料や受験方法など基本的な情報を知りたい方は「CCNAとは?受験料や出題範囲などの詳細情報や受験方法について徹底解説 」も合わせてご確認ください。

CCNAの出題範囲

CCNAでは以下のような項目に関する内容の問題が出題されます。

  • ネットワークの基礎
  • ネットワーク アクセス
  • IP コネクティビティ
  • IP サービス
  • セキュリティの基礎
  • 自動化とプログラマビリティ

※参照:Cisco Certified Network Associate (200-301 CCNA)

なお、試験時間は120分間で102〜140問の問題が出題されるため、1分あたり1問というハイペースな回答が求められます。
また、紙の問題・解答用紙ではなく、コンピュータ上で問題を確認し、解答入力する「CBT(Computer-Based Testing)方式」が採用されているのも特徴です。そのため、過去問やPCの教材を活用して本番の出題形式に慣れておきましょう。

CCNAの合格ライン

CCNAの合格点や合格率は公式に公開されていませんが、合格ラインは約8割程度といわれています。すなわち、試験は1000点満点ですので、最低でも800点以上は取得できるような対策が必要です。
実際、CCNAに合格した方々の体験談を掲載しているサイトでは「825点がボーダー」という噂も投稿されています。「ギリギリ合格できた」という体験談でも840点程度は取得しているため、念のため850点以上取れるように準備しておくと安心です。
なお、CCNAの合格ラインに関してさらに詳しく知りたい方は、IT資格勉強サイト「Ping-t」のCCNA 合格体験記もぜひご活用ください。

 

【先輩エンジニアから学ぶ!】CCNAのおすすめ勉強方法

実際にCCNAを取得した先輩エンジニアのおすすめの勉強方法をご紹介します。合格実績のある有用な勉強方法を知りたい方はぜひ、参考にしてください。

■Mさん

個人的にオススメの勉強方法、1.ccnaイージスを1週間以内に読み切る。※理解しようとしない。とりあえず読み切るのが大切
理由:まずネットワークに精通していない人は理解しようとしても頭が追いつかないため、理解するよりも単語を馴染ませて理解するステップの足がけにした方が良い
引用:https://twitter.com/CCNA24450484/status/1152054578583494657

 

■Sさん

CCNA (200-301) に合格しました
ネスペ合格程度の基礎はあったので、参考書でCiscoのコマンドと独自プロトコルについて学び、実機とGNS3で実践するという勉強方法をとりました
試験の日本語訳がめちゃくちゃでやりにくかったので、CCNPは英語版で受験します
引用:https://twitter.com/shikakuya_jp/status/1266199340235673600

 

■Sさん

9月から始めたCCNAの勉強方法を模索していて
・Udemy
・白本
・黒本
教材に片っ端から触ったけど
・黒本
・まさるの勉強部屋さんのYouTube
の2つでやるのが1番いいことに気づいた
引用:https://twitter.com/engineer_bouya/status/1575484119621849089

 

■Sさん

CCNAの勉強方法ですが、クラムメディアの問題集に頼り過ぎるのは良くないです。
なぜなら、試験のバージョンによって、問題の的中率が変わるからです。
実際に、クラムメディアに頼り過ぎて落ちた人を何人か見てきました。
CCNA以外も同様ですが、1つの手段に固執するのは得策ではないです😅
引用:https://twitter.com/satton6987/status/1361525401332318208

 

【学習方法別】CCNA合格に欠かせない必修教材

CCNAの合格率を上げるおすすめ教材が知りたい方のために、必修レベルの教材をご紹介します。なお、CCNAの教材は以下の3パターンの学習方法に分かれます。

  • 参考書や問題集
  • 学習サイト
  • 講座

自身の環境や適性に合わせて、最適な方法をご検討ください。

参考書や問題集

参考書や問題集を活用して勉強したい方におすすめしたいのが以下の3冊です。

書籍名 出版日 価格(税込) 概要・特徴
1週間でCCNAの基礎が学べる本 2021/4/13 ¥2,376 基礎から学びたい完全初心者向けの1冊。
初心者は1番初めに手を付けるのがおすすめ。
シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200-301(白本) 2020/6/24 ¥4,268 CCNAの教材の中でも定番の1冊。
参考書と問題集がまとまっており、これ1冊で出題範囲をすべてカバーできる優れもの。
(模擬問題、スマホ問題集付き)徹底攻略Cisco CCNA問題集[200-301 CCNA]対応(黒本) 2021/4/21 ¥3,828 CCNA試験範囲の問題集。
ひたすら問題を解き、実践を積みたい方には最適。
経験者であればいきなり手をつけても良いが、初心者は参考書でインプットしてからがおすすめ。

※表内の価格は2022年12月時点のものです。
どの書籍もCCNA対策には定番の1冊です。自身の知識レベルに合わせてご活用ください。

学習サイト

インターネット上で試験対策をしたい方には、以下の2つの学習サイトがおすすめです。

サイト名 概要・特徴
Ping-t 無料で活用できるIT資格の勉強サイト。

各種問題集を活用するにはユーザー登録が必要だが、合格体験記など有益な情報も提供している。

CCNAイージス 無料のCCNA教科書サイト。

個人が運営しているサイトでありながら、参考書と遜色ない充実した内容を提供している。

上記のサイトはいずれも無料で学習できるのが特徴。また、最新の試験情報にも対応しているのも嬉しいポイントです。出来るだけお金をかけずにしっかり学習したい方は、ぜひご活用ください。

講座

参考書や学習サイトではなかなか頭に入らない方には、オンライン学習サービス「Udemy」が提供している「新CCNA(200-301)完全未経験からの合格講座」がおすすめです。
動画でゼロからネットワーク基礎知識を学べるため、完全初心者の方でも分かりやすく学習できます。また、現役講師の方に質問もできるためオンライン授業を受ける感覚で試験対策が可能です。
ただし他の方法と比較して費用がかかるため、まずは無料の方法を試してから活用を検討してみてください。

 

まとめ

世界共通基準のネットワークエンジニア技能試験である「CCNA」に合格するには、自身に適した方法で効率的に学習を進める必要があります。
CCNAは未経験でも取得できる基礎的な資格ともいわれていますが、油断は禁物。出題範囲が広く問題数も多いため、参考書や学習サイトによって傾向を分析し、対策となるネットワーク関連知識を学習しましょう。

なお、情シス担当者が取得しておくべきその他の資格について知りたい方は「情シスにおすすめの資格7選|ジャンル別に取るべき資格をご紹介」も合わせてご確認ください。

 

関連記事

関連サービス

情シス求人

  1. 第二創業期を基盤から支えます。大手クライアント中心。リモートワーク可/フレックス求人! 『サイ…
  2. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  3. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  4. あなたのやりたいことを、叶えてください! 今回は、千代田区岩本町に本社を構える株式会社クリアス…
ページ上部へ戻る