国内「データエコシステム」市場における取り組み状況の調査結果-IDC

IT専門調査会社 IDC Japanは、国内ベンダーおよび企業の「データエコシステム」市場における取り組み状況の調査結果を発表している。
IDCでは、あらゆる産業の企業が自社のファーストパーティ(1stパーティ)データを、外部のセカンドパーティ(2ndパーティ:協業先の組織)/サードパーティ(3rdパーティ:協業先以外の外部組織)データと掛け合わせ、新たなビジネスモデル/収益モデルを創出すべく形成するプレイヤーの集合体を「データエコシステム」と定義している。

今回の調査では、データエコシステムに関わるさまざまなプレイヤーの中でも、「データ取引/シェアリング基盤」、「Data as a Service」、「情報銀行」、「データ流通推進活動」に関わるベンダーおよび企業に焦点を合わせて調査を行っている。(これらのプレイヤーの具体事例については<参考資料 1>を参照)

<参考資料 1>
データエコシステムの構成要素と主要プレイヤー

Source: IDC Japan, 8/2021

 

IDCが2021年4月に実施した、デジタルトランスフォーメーション(DX)を目的にデータ利活用を進める企業に対するWebサーベイ(<参考資料 2>を参照)によれば、回答者全体の傾向を見ると、2nd/3rdパーティデータを有償で購入または無償で取得する「外部データ活用」の実施割合は回答者全体の3割以上に達している。
また1stパーティデータを有償で販売または無償で提供する「内部データ外販」の実施割合も全体の2割前後存在することが判明している。

産業分野別に見た場合、情報/通信では有償での内部データ外販の先行事例が比較的多いことが見てとれる(32%)。
政府/公共、医療/福祉、教育では、オープンデータなどを中心に無償での内部データ外販が浸透しつつあるとみられる(38%)。
また外部データ活用に最も積極的なのは一般サービスであることが裏付けられた形だ(有償/無償共に43%)。

このように、DXを目的としてデータ利活用を推進する企業においては、外部データ活用や内部データ外販の取り組みはそれほど珍しいものではなくなってきている。
今後、国内企業のDXが成熟するに伴い、こうした取り組みはさらに広がるとIDCではみている。

<参考資料 2>
企業の「1stパーティデータの販売/提供(内部データ外販)」と「2nd/3rdパーティデータの購入/取得(外部データ活用)」の実施割合、産業分野別の比較
Q. お勤め先の企業ではデータの有償/無償での「販売/提供」「購入/取得」を行っていますか?

Notes:
・ n = 310、単一回答
・本調査は「従業員規模100人以上の国内企業に所属し、課長職以上であり、自社がDXを目的としたデータ利活用を推進しており、また自社におけるデータ利活用に関する、目的や課題、活用データの種類、必要な技術やスキル、推進組織やプロセス、経営方針や展望などを「網羅的に把握(7割以上)」または「ある程度把握(4~6割)」若しくは「部分的に把握(2割~3割)」している回答者(データ利活用統括者)」を対象としている
・ 「1stパーティデータの販売/提供(内部データ外販)」や「2nd/3rdパーティデータの購入/取得(外部データ活用)」を「すでに実施している」または「具体的な計画が進行中」という回答割合を産業分野別に集計している

「IDC’s Japan Data Ecosystem Survey 2021, April 2021(n = 310)」を基に作成

Source: IDC Japan, 8/2021

 

データエコシステムに関わる国内ベンダーおよび企業の動向については、以下に示すような3つの傾向が見られることが明らかになった。

1つ目に、顧客エンゲージメント最適化に向けたデータ利活用の需要は依然として高い。「クッキーレス時代」に向けたインターネット広告/CRM系事業者の技術革新、大手企業のData as a Service事業者化、企業の情報銀行事業の支援などが広がりつつある。また、海外で先行するオルタナティブデータ活用に対する関心が、国内でも強まっている。

2つ目に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の継続が影響し、人材リソース/スキル、ヘルスケア/医療、地方創生/地域ビジネス、産業オペレーション、社会インフラ/公共安全/公共サービスといった特定のドメインに特化したデータ流通に対する期待が高まっている。

3つ目に「データパイプライン(データの収集、保護、品質管理、統合、準備、学習、分析、活用などの各プロセスとそれを支えるテクノロジー、および各プロセスに関わる組織と人の総称)」の整備に向け、社内パイプライン関連ソリューションのワンストップ提供、産業横断パイプラインを実現するための技術開発/ルール整備、データ流通関連ワークリソースの拡充、自社/パートナーに限定したプライベート空間でのデータ流通、プライバシーテックの浸透などに注目が集まる。

IDC Japan コミュニケーションズのシニアマーケットアナリストである鳥巣 悠太氏は、「COVID-19拡大の影響により、今後はフィンテック領域をはじめ、HRテック、セールステック、REG(Regulation)テック、Healthテックなど多様なドメインの外部データ活用の需要が高まる。データエコシステムに関わるベンダーは金融業界に限らず、あらゆる産業において「オルタナティブデータ活用」を意識したDXソリューションの提案が不可欠となる」と述べている。

 

詳細な情報はIDCが発行した2021 年 国内データエコシステムに関わるプレイヤー分析:データ取引/シェアリング基盤、情報銀行、 Data as a Service 関連事業者を中心に にその詳細が報告されている。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ48176921

関連記事

ピックアップ記事

  1. インテル株式会社は、 5月18日 (水) に 「インテルが支えるクラウド・インフラストラクチ…
  2. テレワークやDX(デジタルトランスフォーメーション)、コロナ禍も後押しし、企業の働き方は大きく変わり…
  3. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  1. 【足を運べばクラウドが分かる!】エンドユーザーとクラウド事業者が語る“成功の秘訣”、5/18(水)に品川で開催![PR]

  2. PCNW:専門家に聞くインシデント発生現場の課題と対策【ITトレンド勉強会#2】1/28(金)開催

  3. シリーズ【SSL可視化とセキュリティ】4)リモートワークが推進される中での暗号化通信の脅威対策

  4. 松田軽太の「ボッチ情シスノススメ」#23:業務改善の実施は計画的に!

  5. 業務サービス辞典:クラウド型B2B請求代行サービス「SEIKYU+」

  6. 情シスアカデミア#01:ASP/SaaS/クラウド事始め「コンピュータの基礎」

  7. DXを実現するためのあるべきITシステム「スサノオ・フレームワーク」とは-IPA

  8. 使える! 情シス三段用語辞典126「HTTP/3」

  9. 【DX白書2021】日米企業におけるDX動向を解説-IPA

  10. いまさら聞けない【情シス知識】Windowsサンドボックス:君子危うきに近寄らず!?

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

情シス求人

  1. 第二創業期を基盤から支えます。大手クライアント中心。リモートワーク可/フレックス求人! 『サイ…
  2. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  3. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  4. あなたのやりたいことを、叶えてください! 今回は、千代田区岩本町に本社を構える株式会社クリアス…
  5. 帰宅後や休日の束の間、ゲームでストレス解消! なんて方も多いのではないでしょうか? 今…
ページ上部へ戻る