国内ビッグデータ・アナリティクスソフト市場、2021年には3419億円に拡大 IDCが予測

  • 2017/6/14
  • 国内ビッグデータ・アナリティクスソフト市場、2021年には3419億円に拡大 IDCが予測 はコメントを受け付けていません
2017/06/14

IDC Japanは、国内のビッグデータとアナリティクスソフト市場の調査結果を発表した。調査によると、2016年の市場規模は2282億6000万円で、前年比8%の成長率だった。今後は年平均成長率が8・4%で成長し、2021年には3419億800万円の市場規模になると予測している。

IDCではビッグデータ、アナリティクスソフト市場を、「分析情報管理・統合基盤」「BI(ビジネスインテリジェンス)・分析ツール」「パフォーマンス管理・アナリティクスアプリケーション」と3つの中分類市場と中分類市場に含まれる16の機能別市場に分けて市場規模予測を行った。

2016年の国内ビッグデータとアナリティクスソフト市場については、クラウド型のDWH(データウェアハウス)ソリューションが好調な一方、オンプレミス型の製品で大型の導入が続いたことが要因となり、それが高い成長率につながったと分析している。

今後の市場予測については、2021年までにビッグデータとアナリティクスソフトの投資が業務改善から、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に対象が移行し、Hadoop(ハドゥープ)などの分散処理基盤やコグニティブ(認知)・AI(人口知能)システム基盤、コンティニュアス(継続)アナリティクスソフトなどがけん引し、市場を拡大するとしている。

また、オンプレミスとパブリッククラウドが混在したデータアナリティクス環境が一般化し、システム間での可搬性をガバナンスとセキュリティを保った上で実現することが必要になってくると分析。ITのハードやサービス会社には、ハイブリッドクラウド環境を前提にデータのライフサイクルを管理し、品質を担保するデータ管理の仕組みを提供していくことが求められるとみている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. テレワークやDX(デジタルトランスフォーメーション)、コロナ禍も後押しし、企業の働き方は大きく変わり…
  2. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  3. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  1. PCNW:専門家に聞くインシデント発生現場の課題と対策【ITトレンド勉強会#2】1/28(金)開催

  2. シリーズ【SSL可視化とセキュリティ】4)リモートワークが推進される中での暗号化通信の脅威対策

  3. 松田軽太の「ボッチ情シスノススメ」#23:業務改善の実施は計画的に!

  4. 業務サービス辞典:クラウド型B2B請求代行サービス「SEIKYU+」

  5. 情シスアカデミア#01:ASP/SaaS/クラウド事始め「コンピュータの基礎」

  6. DXを実現するためのあるべきITシステム「スサノオ・フレームワーク」とは-IPA

  7. 使える! 情シス三段用語辞典126「HTTP/3」

  8. 【DX白書2021】日米企業におけるDX動向を解説-IPA

  9. いまさら聞けない【情シス知識】Windowsサンドボックス:君子危うきに近寄らず!?

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#21:システム内製化は言うほど簡単じゃない!?

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

情シス求人

  1. 第二創業期を基盤から支えます。大手クライアント中心。リモートワーク可/フレックス求人! 『サイ…
  2. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  3. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  4. あなたのやりたいことを、叶えてください! 今回は、千代田区岩本町に本社を構える株式会社クリアス…
  5. 帰宅後や休日の束の間、ゲームでストレス解消! なんて方も多いのではないでしょうか? 今…
ページ上部へ戻る