ニュータニックス、ハイパーコンバージドインフラ普及促進に向けたグループを設立 10社が参加

  • 2017/5/17
  • ニュータニックス、ハイパーコンバージドインフラ普及促進に向けたグループを設立 10社が参加 はコメントを受け付けていません
2017/05/17
Enterprise Cloud Associationのメンバー企業

Enterprise Cloud Associationのメンバー企業

ニュータニックス・ジャパンは、企業のITインフラ構築を推進するグループ「Enterprise Cloud Association(エンタープライズ クラウド アソシエーション)」を5月16日に設立したと発表した。ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)を核にしたソリューションの普及や開発と営業・マーケティングを行っていく。

Enterprise Cloud Associationの設立目的

Enterprise Cloud Associationの設立目的

グループの参加費は無料。HCIのソフトウエアを手がけるニュータニックスが主体となり運営する。5月16日時点では、エヌビディア、CommVault Systems Japan、シトリックス・システムズ・ジャパン、新日鉄住金ソリューションズ、ソフトバンク コマース&サービス、TIS、東京エレクトロン デバイス、日商エレクトロニクス、ネットワールド、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズの10社が参加した。

具体的な活動では、HCI構築に向けて必要なソリューションの実証、動作検証などの実施、HCIを販売するパートナーソリューションのAPIの連携検証、HCI環境とクラウドとの統合、ネットワークの仮想化、仮想GPUの実装、エンタープライズ・アプリケーションのHCI上での稼働などで参加企業のソリューションの組み合わせを検証する分科会の実施、セミナー、技術者同士の座談会、パネルディスカッションなどの交流会の開催を行っていく。

Enterprise Cloud Associationの活動内容

Enterprise Cloud Associationの活動内容

ソリューションの検証ではニュータニックスのデータセンターなどの物理的な基盤を使って、ニュータニックスのHCIソフトと、参加企業のソリューションとの動作検証のほかに新規ソリューション開発といった「実験場の側面もある」(安東秀樹・ニュータニックス・ジャパン ビジネス推進本部本部長)という。営業面では参加企業も含め、販売パートナーを通じでHCIの導入企業を開拓していく。

町田栄作・ニュータニックス・ジャパン社長

町田栄作・ニュータニックス・ジャパン社長

発表会で町田栄作・ニュータニックス・ジャパン社長は「パブリッククラウドだけでなく、オンプレミスのプライベートクラウドのメリットが認識されるようになってくるなど、ハイブリッドクラウドの時代が来ている。その中でHCIはパブリッククラウドとプライベートクラウドの連携が可能。このHCIを企業に浸透するために活動していく」と述べた。

ニュータニックスではアマゾン ウェブ サービス(AWS)やマイクロソフトなどのクラウドサービスを提供する企業にも参加も打診しており、今後は各社の顧客企業の参加も呼び掛けていくという。

関連記事

関連サービス

情シス求人

  1. 第二創業期を基盤から支えます。大手クライアント中心。リモートワーク可/フレックス求人! 『サイ…
  2. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  3. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  4. あなたのやりたいことを、叶えてください! 今回は、千代田区岩本町に本社を構える株式会社クリアス…
ページ上部へ戻る