【TGS2016】VRを実現するハードをアピール ソニー、デル

2016/09/20

ハイスペックなVRを実現する、ソニー

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのブースには、イベント当日に発売となった「プレイステーション(PS)4」、10月13日に発売の「プレイステーション4 Pro」、11月10日発売の「プレイステーション VR」という、そうそうたる顔ぶれの展示・体験コーナーが設けられていた。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのブース

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのブース

PS4はPS3に比べコンパクト。価格も2万9980円と誰もが手軽にゲームを楽しめる機器といった印象だ。PS4 Proは、4KやHDRに対応するハイエンドモデルの位置づけで、PS VRとの連携を想定したゲーム機という。

「プレイステーション4 Pro」(左)と「プレイステーション VR」

「プレイステーション4 Pro」(左)と「プレイステーション VR」

ソニーのPSVR対応のゲーム体験できるコーナーには、VRの世界を体験しようと多くの来場者が訪れ長蛇の列ができており、キャンセル待ちが出るほどの人気ぶりだった。

ソニーが設けたPSVR対応ゲームの体験コーナー

ソニーが設けたPSVR対応ゲームの体験コーナー

「PS VRの特徴は、何といってもハイスペックであること。高画質なPS4の映像を再現し、映像の遅延もなく、肉眼で見ているのとかわらないスピードで映像を動かすことができる」。

今年の目玉でもあるPS VRについて、ソニー・インタラクティブエンタテイメント マーケティングコミュニケーション部メディア戦略課の石川香代氏はこう自信を見せる。

ソニー・インタラクティブエンタテイメント マーケティングコミュニケーション部メディア戦略課の石川香代氏

ソニー・インタラクティブエンタテイメント マーケティングコミュニケーション部メディア戦略課の石川香代氏

また、「当社は、3年前よりゲームショウでのVR出展を行い、丁寧な情報発信に取り組んできた。通常、新製品を連続出展することはないが、今回のゲームショウで非常に多くの方々が体験を希望しているのも、こういった取り組みの成果だと思う」と話した。

 

デルはVRに対応のゲーミングノートPCを発表

一方、ゲーム機メーカーだけではなくパソコンメーカーもVRに対応した機器を投入する。デルは出展したゲーミングPCブランド「ALIENWERE(エイリアンウェア)」でVRに対応したノートPC「ALIENWERE 17」「同15」を9月23日に発売する。デルではゲームショウで発表会を開催。新型ノートPCをアピールした。

デルのゲーミングPCブランド「ALIENWERE(エイリアンウェア)」のブース

デルのゲーミングPCブランド「ALIENWERE(エイリアンウェア)」のブース

「ALIENWERE 17」「同15」はゲーマー向けのノートPC。新型のきょう体を採用し、薄型化・軽量化を図る一方、GPUにNVIDIA GeForce GTX 10シリーズを搭載することで、グラフィックス能力を強化した。2機種ともにVRのヘッドセットに対応する。

ALIENWERE 17

ALIENWERE 17

ALIENWERE 17はCPUにインテルのCore i5-6700HQなどの搭載が可能。17.3型の液晶ディスプレー、HDDは1TBや512GBの容量を選ぶことができる。OSはWindows 10 Home 64ビット版。視線追跡センサー「Tobii」を搭載できる。ユーザーがPCから離れると自動ロックやスリープモードに切り替わる機能などが利用できる。

ALIENWERE 15

ALIENWERE 15

一方、ALIENWERE 15は、CPUにCore i5-6300HQなどの搭載が可能。標準で15.6型のフルHD液晶を装備する。HDDは1TBや512GBの容量を選ぶことが可能。OSはWindows 10 Home 64ビット版。

ALIENWEREのブースでもVRを体験できるコーナーを設置

ALIENWEREのブースでもVRを体験できるコーナーを設置

会見でジョー・オルムステッド・ALIENWERE管理担当ディレクターは「新作の大きなキーはVR対応。業界をリードし続けてきた当社のコアバリューを強化するという意味でもVRへの参入は必須で、後の10年を見据えても非常に重要な要素になる。また、VRの利用では外部設備を用意する必要なく、スムーズにプレイすることが可能」と強調した。

ジョー・オルムステッド・ALIENWERE管理担当ディレクター

ジョー・オルムステッド・ALIENWERE管理担当ディレクター

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. PCNW:心を燃やせ!IT推進の熱意を伝播させるには?

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. 【脱!SIerへの丸投げ】IT投資効率を悪化させるSI業界 vol.4 ~100%直を探そう~

  10. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  3. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  4. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  5. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
ページ上部へ戻る