コマンドでDNSの設定を自動実施する方法

本記事の内容

DNSの設定変更をコマンドで実施する方法

 

DNSの設定変更をコマンドで自動実施する方法

コマンド:イーサネットの場合

イーサネット環境でDNS設定をコマンドで自動実施したい場合は下記の通りコードを実行して下さい。

(例)設定内容

NW環境:イーサネット
優先DNSサーバ:192.168.0.10
代替DNSサーバ:192.168.0.20

コマンド

netsh interface ipv4 set dns name=”イーサネット” source=static addr=”192.168.0.10″ register=primary validate=no
netsh interface ipv4 add dns name=”イーサネット” addr=”192.168.0.20″ index=2 validate=no

 

コマンド:Wi-Fiの場合

Wi-Fi環境でDNS設定をコマンドで自動実施したい場合は下記の通りコードを実行して下さい。

(例)設定内容

NW環境:Wi-Fi
優先DNSサーバ:192.168.0.10
代替DNSサーバ:192.168.0.20

コマンド

netsh interface ipv4 set dns name=”Wi-Fi” source=static addr=”192.168.0.10″ register=primary validate=no
netsh interface ipv4 add dns name=”Wi-Fi” addr=”192.168.0.20″ index=2 validate=no

 

コマンド内容補足

register=****

register=primary : 「この接続のアドレスをDNSに登録する」のチェックをON
register=none   : 「この接続のアドレスをDNSに登録する」のチェックをOFF

validate=no

実行した時にエラーメッセージが表示される場合があり、それを表示させない様に
validate=noを記述している。

 

現在のDNSの設定情報を表示する

DNSの設定変更のコマンドを実行した後は、
正常に反映されているか確認をする必要があります。

現在のDNS設定情報を表示するには下記コマンドを実行します。

現在のDNS設定情報表示コマンド

netsh interface ip show dnsservers name=”イーサネット”
netsh interface ip show dnsservers name=”Wi-Fi”

状況に応じてどちらかご使用ください。

 

まとめ

本記事の内容

DNSの設定変更をコマンドで実施する方法

 

コマンド

netsh interface ipv4 set dns name=”インターフェイス名” source=static addr=”優先DNSIP” register=primary validate=no
netsh interface ipv4 add dns name=”インターフェイス名” addr=”代替DNSIP” index=2 validate=no

 

こちらは私の備忘録としてまとめさせて頂きました。

よろしければご活用下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

情シス求人

  1. 第二創業期を基盤から支えます。大手クライアント中心。リモートワーク可/フレックス求人! 『サイ…
  2. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  3. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  4. あなたのやりたいことを、叶えてください! 今回は、千代田区岩本町に本社を構える株式会社クリアス…
ページ上部へ戻る