DXとデータ/アナリティクスの取り組みに関する調査結果-ガートナー

ガートナー ジャパン株式会社 (以下ガートナー) は、デジタル・トランスフォーメーション (DX) とデータ/アナリティクス (D&A) の取り組みに関する調査結果を発表している。

 

世界では、D&Aリーダーの大半がDXに深く関与

ガートナーが2020年11月に世界で実施した第6回CDOサーベイにおいて、世界でDXに取り組んでいる組織の割合は全体の8割超に上り、そのような組織のD&Aリーダーの76%がDXを主導またはそれに深く関与していることが明らかになっている。
このことから、世界ではDX推進にD&Aリーダーの深い関与が不可欠になっている現状が浮き彫りになった。 (図1参照)

CDOサーベイとは
ガートナーでは毎年、世界規模のリサーチ・プロジェクトとして、米国、欧州・中東・アフリカ (EMEA)、アジア太平洋地域においてCDOの肩書きや責任を持つ個人を対象に調査を実施している。2020年9月から11月にかけて実施され、469人から回答を得た。

 

図1. 世界でDXに取り組んでいる組織の割合とD&Aリーダーの関与


出典:Gartner (2021年6月)

 

日本でもDXは進展、しかしD&Aの専任組織の設置は増えず

日本においても、DXやデータ利活用に取り組む大企業は増えています。ガートナーが2020年11月に実施した日本のIT部門を対象にし調査では、従業員2,000人以上の大企業の約8割が、DXやデータ利活用に取り組んでいると回答していた。
しかし、そのような企業のうち、DXとデータ利活用を明確に区別して取り組んでいるという回答者は14%にとどまり、大半の回答者は、DXとデータ利活用を区別せずに取り組んでいることが明らかになった。 (図2参照)

図2. 日本の大企業におけるDXとデータ利活用の取り組み状況


出典:Gartner (2021年6月)

加えて、世界では特に欧米の大企業を中心に、D&Aに責任を持つ最高データ責任者 (CDO) などの役職者の設置が増加していますが、日本の大企業では、それに相当する責任者はまれにしか見受けられない。
日本では、データの利活用によってビジネス成果を得る責任の所在を尋ねても不明確であったり、各業務部門や経営企画部門などが挙げられたりする場合が多く、専任で主管組織を設置する企業は少ないのが現状である。一部の大企業を除いて、日本企業ではまだまだデータ利活用文化は醸成されていないと言えるだろう。
実際、ガートナーが日本のIT部門を対象に実施した2020年11月の調査でも、従業員2,000人以上の大企業において、データ利活用の専門組織を設置しているとの回答は15%にとどまっている。アナリストでディレクターの一志 達也氏は次のように分析している。「今回の調査や顧客との対話などから、日本と世界では、DXやD&Aの取り組みを担う責任者・役割の定義に違いがある現状が見て取れます。世界では大企業を中心にCDOが増加しており、CDOのリーダーシップの下、D&Aの取り組みを進めています。一方、日本の企業ではD&Aの取り組みの責任を担うCDOはいまだほとんど存在していません。日本は大企業を中心に専門組織の設置など、DXへの取り組みが積極的に行われており、データ利活用をその一環と捉えて最高デジタル責任者の下で取り組んでいるケースが多く見受けられます」

ガートナーは、「2023年までに、CDOを持たない企業の最高デジタル責任者の半数は、成功するためには事実上のデータ責任者になる必要があると考えるようになる」との仮説を立てている。
実際、DXを実践するためには取り扱うデータを吟味する必要があり、そうならざるを得ないのが実情というところか。

さらに、前出の一志氏は次のように述べている。「DXの推進にはD&Aが不可欠ですが、その2つを混同すべきではなく、D&AがDXの一部であると捉えるのは誤解です。世界と日本の状況を比較すると、責任者の明確化と組織的な関与に違いが見られます。DXやD&Aの取り組みを推進する際は、IT部門やビジネス部門の区別なく取り組むことが重要です。技術やインフラだけでは成果を得られないため、DXやデータ利活用の取り組みには、ビジネス部門を中心とした関係者の理解と協力が不可欠です。そのために必要な人材の確保やガバナンスの整備に加えて、データ・リテラシーの向上や組織文化の構築も考慮して取り組むことが求められます。つまり、技術やインフラとは無関係な要素に焦点を合わせて優先的に取り組まなければならないのです。組織のリーダーは、DXとデータの利活用にバランス良く取り組むことで相乗効果を高められるよう、資源の配分などを行うべきです」

 

より詳しい内容は内容は、ガートナーのリサーチノート「CDOアジェンダ2021:デジタルとデータにバランス良く取り組んで変革をリードせよ」でご覧いただくことができる。


Gartnerについて

Gartner, Inc. (NYSE: IT、S&P 500) は、世界有数のリサーチ&アドバイザリ企業である。ビジネス・リーダーが今日のミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を実現し、将来にわたって成功する組織を築くために欠かせない知見、アドバイス、ツールを提供している。

Gartnerのリサーチは、エキスパート主導かつ、実務担当者からの情報に基づき、データを重視したもので、この比類なきサービスにより、お客様が重要な課題に対して正しい判断を下せるよう導く。業界や企業規模を問わず、ほとんどすべての職務領域にわたり、Gartnerは信頼されるアドバイザーならびに客観性を備えたリソースとして、国内のみならず世界100カ国以上、1万4,000社を超える企業に支持されている。


本レポートは、ガートナージャパン様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.gartner.co.jp/ja/newsroom/press-releases/pr-20210628

関連記事

ピックアップ記事

  1. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  2. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  3. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  1. シリーズDXの現場#01:世田谷区DX推進方針 Ver.1

  2. 夏休みを安心して楽しもう!長期休暇前後に行うべき15の対策と注意点-is702

  3. 自社ではどうしてる?マイクロソフトとパーソルがデジタル人材育成で協業

  4. シリーズ『パスワードマネージャ読み比べ』#01:カスペルスキー パスワードマネージャー

  5. PCの性能向上が理由!? ZIPファイルで6ケタの英小文字パスワードは1秒で解読される

  6. Findy株式会社「コーポレートエンジニア」ポジションのご紹介[PR]

  7. Future of Workstyle(働き方の未来)に関する日米アンケート調査結果-IDC

  8. あなたは大丈夫!?日本人のパスワードランキング2020

  9. 「Win10は最後のWindows」ではなかったのか?~Windows 11発表~

  10. スキルアップに有効!?「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」新たに2講座を追加

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

IT-Manager AS

IT-Manager SD

おすすめ記事

  1. 「Chromebookにはウィルス対策がいらない」そんな言葉を見聞きしたことはないでしょうか? 文…
  2. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  3. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  4. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  5. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
ページ上部へ戻る