国内モバイル/クラウドセキュリティ市場予測-IDC

IDC Japanは、国内の企業向けモバイルセキュリティ市場とクラウドセキュリティ市場の2019年から2023年までの予測を発表。

IDCでは、企業向け国内モバイルセキュリティソフトウェア製品市場を国内モバイエンタープライズセキュリティ市場として、またSaaS(Software as a Service)やPaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)のパブリッククラウド環境に対するセキュリティソフトウェア製品市場をクラウドセキュリティ市場として市場規模算出/市場予測を行っている。

国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場の2018年~2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は11.4%で、市場規模(売上額ベース)は2018年の82億円から、2023年には141億円に拡大すると予測する。2020年の東京オリンピック/パラリンピックの開催に向け、公衆Wi-Fi環境が整備されており、モバイル環境におけるWi-Fi通信での盗聴やハッキングなどのセキュリティ脅威はより一層高まる。これにより、データ暗号化通信やウイルス対策、モバイルデバイスでのコンテナ化やファイル暗号化などの情報漏洩対策に対する需要が拡大するとIDCはみている。

国内モバイル/クラウドセキュリティ市場 製品セグメント別 売上額予測、2016年~2023年

Source: IDC Japan, 9/2019

また、国内クラウドセキュリティ市場の2018年~2023年のCAGRは19.1%で、市場規模(売上額ベース)は2018年の114億円から、2023年には273億円に拡大すると予測。デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展によって社内/社外に関わらずさまざまなエンドポイントデバイスからクラウドサービスを通じて情報資産を活用する機会が増えることで、クラウド環境へのセキュリティ対策需要が高まるとIDCはみている。

政府では、「クラウド・バイ・デフォルト(Cloud by Default)」の原則に則り、官公庁および地方自治体でのパブリッククラウドサービスの利活用を促進させようとしています。そのため、政府はクラウドサービス提供事業者に対する安全評価基準プログラムの日本版FedRAMP(Federal Risk and Authorization Management Program)の創設やデジタルファースト法案の整備を進めており、これによって官公庁および地方自治体ばかりでなく、一般企業においてもパブリッククラウドサービスの利用が加速すると予測する。

同市場は、モバイルデバイスからパブリッククラウドサービスの利用に対するセキュリティリスクと、政府の「クラウド・バイ・デフォルト」の原則の採用によるパブリッククラウドサービス利用拡大に伴うクラウド環境へのセキュリティリスクによって、市場が拡大するとIDCは考えている。

クラウドサービスの活用は、DXの進展や働き方改革による生産性の向上、そして公衆Wi-Fiの整備によって、モバイルデバイスから利用するケースが増えていることは間違いない。一方で、モバイルデバイスに対するマルウェアは増加し、巧妙化している。

そして、追い打ちをかけるように、EU 一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)や米国カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA:California Consumer Privacy Act)、米国政府調達における管理すべき重要情報(CUI:Controlled Unclassified Information)の保護に対する政府以外の企業や組織に適用されるセキュリティ対策基準「NIST SP800-171」など、プライバシーデータを含めた企業や組織が持っている重要データの保護規制が国際的に強化されてきています。企業や組織は、モバイル環境とクラウド環境において外部脅威対策だけでなく、脆弱性管理やセキュリティポリシーの一元管理、アクセス管理など包括的なセキュリティ対策が必要となる。

「モバイルセキュリティやクラウドセキュリティのソリューションを提供するサプライヤーは、モバイルデバイスからクラウドサービスを安心安全に利用するためにクラウドサービスへの暗号化通信やアクセス管理など、モバイル環境とクラウド環境の両方に対するセキュリティソリューションの統合化を図るべきである。これによって、企業や組織におけるモバイルデバイスを経由したクラウドサービス利用時の情報漏洩対策の強化が図れる」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである登坂 恒夫氏 は述べている。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ45462119

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. PCNW:心を燃やせ!IT推進の熱意を伝播させるには?

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. 【脱!SIerへの丸投げ】IT投資効率を悪化させるSI業界 vol.4 ~100%直を探そう~

  10. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  3. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  4. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  5. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
ページ上部へ戻る