国内モバイル/クラウドセキュリティ市場予測-IDC

情シス業務の3本の柱の一つでもあるセキュリティ。スマートフォンやクラウド利用が当たり前となっている今、このどちらもケアする必要がある。
IDC Japanでは、この度、「国内の企業向けモバイルセキュリティ市場とクラウドセキュリティ市場」の2020年から2024年までの予測を発表した。
今後の傾向を頭の片隅に置いておくのも良いのではないだろうか。

IDCでは、企業向け国内モバイルセキュリティソフトウェア製品市場を国内モバイエンタープライズセキュリティ市場として、またSaaS(Software as a Service)やPaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)のパブリッククラウド環境に対するセキュリティソフトウェア製品市場をクラウドセキュリティ市場として市場規模算出/市場予測を行っている。

国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場の2019年~2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は8.4%、市場規模(売上額ベース)は2019年の92億円から、2024年には138億円に拡大すると予測する。
その背景として、(このコロナ禍で多少トーンダウンはしているものの)政府が推進する「働き方改革」やデジタルトランスフォーメーション(DX)の進展、さらに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるリモートワークの普及拡大によって企業でのモバイルデバイスの利用が拡大することで、モバイルデバイスを標的とするマルウェア対策だけでなく、モバイルアプリケーションへのアクセス管理や生体認証、リスクベース認証などを組み合わせた多要素認証といったモバイルアイデンティティ/アクセス管理、モバイルアプリケーションの脆弱性管理への需要が拡大するとIDCではみている。

国内モバイル/クラウドセキュリティ市場 製品セグメント別 売上額予測、2017年~2024年

Source: IDC Japan, 8/2020

また、国内クラウドセキュリティ市場の2019年~2024年のCAGRは14.6%で、市場規模(売上額ベース)は2019年の137億円から、2024年には272億円に拡大すると予測している。
前述のリモートワークの増加によって全社員の在宅勤務など会社全体でリモートワークを実施する機会が増加したことにより、従来のVPN経由での社内ネットワークアクセス集中により、”つながらない”などの業務効率が低下するという事態が顕在化している。このようなこともあり、社外から直接インターネットにアクセスする「ローカルブレイクアウト」によるパブリッククラウドの利用が加速するとみられ、パブリッククラウドサービスへのアクセスコントロールであるクラウドシングルサインオンやクラウドセキュリティゲートウェイソリューションによるセキュリティ対策がさらに拡大するとIDCは考えている。

更にはクラウド環境の利用が加速することで、柔軟な分散アプリケーション環境を実現するために、コンテナ化されたクラウドネイティブアプリケーションの開発/展開/運用が拡大するとみており、コンテナ環境上で動作するアプリケーション監視やアクセス制御、コンテナ管理へのアクセス管理といったコンテナ環境へのセキュリティ対策もクラウドセキュリティの重要な要素になるとみている。

COVID-19の影響による全社的なリモートワーク(テレワーク)によって、モバイルデバイスからのVPN経由の社内ネットワークアクセスでパフォーマンスの劣化が顕在化し、インターネット回線から直接パブリッククラウドサービスにアクセスさせるケースが増えています。
特に文書ファイルやプレゼンテーションファイルなどのコンテンツを共有するコラボレーティブワークスペースではクラウドシフトが加速し、モバイルデバイスからの活用が広がっています。故に企業や組織は、個人情報や機密情報などが含まれるコンテンツなどのデータを安心安全に活用できるワークスペースの構築が求められます。
そのためモバイル環境とクラウド環境の両面において外部脅威対策だけでなく、脆弱性管理やセキュリティポリシーの一元管理、アクセス管理など総合的なセキュリティ対策が必要となります。

「ソリューションサプライヤーは、総合的なセキュリティソリューションの機能を集約し一元的に管理、運用できる集約型のセキュリティリューションを提供すべきである。これによって、企業はモバイルデバイスからインターネット回線経由で直接パブリッククラウドサービスを利用した場合においてもセキュリティが強化され、業務効率と運用効率の向上を図れる」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである登坂恒夫氏は述べている。

 

今回の発表はIDCが発行した国内モバイル/クラウドセキュリティ市場予測、 2020 年~ 2024 年 にその詳細が報告されている。
本レポートでは国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場と国内クラウドセキュリティ市場を機能市場セグメント別に分けて、2020年~2024年の市場予測を提供している。


セキュリティソリューションは事故が起きない限り”コスト”でしかなく、そこへ資金的にも人材的にも潤沢に投資できるのは大企業である為、セキュリティー市場をけん引する形になるが、実は集約型セキュリティソリューションこそ、日本の企業の大半を占める中小零細企業にフィットすると考える。
過去の調査結果から、情シス構成比が1~2%だとすると1人の専任をおける企業は従業員が50~100人規模以上の会社ということになる。
それでもひとり情シスとなってしまうことを考えると自動化され統合的に管理してくれるサービスのニーズはあるのではないだろうか。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ46764320

 

関連記事

関連サービス

情シス求人

  1. 第二創業期を基盤から支えます。大手クライアント中心。リモートワーク可/フレックス求人! 『サイ…
  2. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  3. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  4. あなたのやりたいことを、叶えてください! 今回は、千代田区岩本町に本社を構える株式会社クリアス…
ページ上部へ戻る