ドコモ、スマホの高速データ通信サービスを発表 2017年3月から開始

  • 2016/9/14
  • ドコモ、スマホの高速データ通信サービスを発表 2017年3月から開始 はコメントを受け付けていません
2016/09/14

NTTドコモはスマートフォン(スマホ)のデータ受信速度を最大で毎秒512メガビットと従来よりも40%引き上げるサービスを提供すると発表した。2017年3月に東京23区や大阪、名古屋の近郊から開始する。

新しいデータ通信を発表するNTTドコモの三木睦丸・ネットワーク部部長

新しいデータ通信を発表するNTTドコモの三木睦丸・ネットワーク部部長

新しい高速通信サービスでは、これまで1分半かかっていた5分程度の4K動画が30秒と3分の1の時間でダウンロードできる。そのため、スマホで大容量動画を快適に楽しめるという。

高速通信サービスは「4×4MIMO(マイモ)」と「256QAM(キューエーエム)」という2つの新技術によって実現した。4×4MIMOは基地局と端末とのやりとりをするアンテナを現行の2本から4本に増やす技術。この技術によって通信速度が毎秒512メガビットまで高速化できるという。

もう1つの256QAMは一回の通信で送る情報量を増やす技術で、通信速度が毎秒500メガビットまで高めることができるとしている。9月13日に開かれた記者説明会で、三木睦丸・ネットワーク部部長は「当社は今ネットワークの高速、大容量化に取り組んでいる。ネットワークのよさには自信があり、多くの人に利用してもらいたい」と話した。

ドコモでは9月13日に定額制の大容量データ通信の新料金プラン「ウルトラパック」も発表した。月20GBのプランが税別で月6000円、30GBのプランが税別8000円。家族でデータ量を分け合える月100GBのプランも提供する。価格は税別で2万5000円。大容量データ通信の料金プランは携帯大手3社ではソフトバンクが先駆けて発表。KDDI(au)も大容量データ通信プラン「スーパーデジラ」を発表している。KDDIのサービスは月20GBの料金プランで税別6000円、月30GBは税別8000円。スマホ向けの高速データ通信サービスの料金では各社横並びとなった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラストセキュリティ#07:実装編2「Palo alto Networks」

  2. 【情シス基礎知識】今だからこそWindows Helloが生きる!?

  3. いまさら聞けない【情シス知識】Chromebookは安全なのか?

  4. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(後編)

  5. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#17:嫌われる情シスと感謝される情シスの違いとは

  6. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  7. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  8. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  9. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  10. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 「Chromebookにはウィルス対策がいらない」そんな言葉を見聞きしたことはないでしょうか? 文…
  2. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  3. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  4. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  5. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
ページ上部へ戻る