フレクセラ、個人PCのインストールで危険度トップ3ソフトを発表 2016年第4四半期の調査で

  • 2017/3/13
  • フレクセラ、個人PCのインストールで危険度トップ3ソフトを発表 2016年第4四半期の調査で はコメントを受け付けていません
2017/03/13

フレクセラ・ソフトウェア(米、イリノイ州)は、ソフトウェアの脆弱性の調査などを行う「Personal Software Inspector」の2016年第4四半期のレポートを発表した。それによると日本の個人PCは平均63個のプログラムがインストールされており、うち7%はサポート期間が終了。ベンダーからのパッチが適用されていないことが判明した。

また、Windows OSにパッチを適用していないユーザーは、2016年第4四半期は6.5%で前年同期よりも減少。マイクロソフト以外のプログラムにパッチを適用していないユーザーは、2016年第4四半期は14.4%。前年同期よりも上昇した。

危険度の高いプログラムのトップ10

危険度の高いプログラムのトップ10

レポートによると、2016年第4四半期の危険度が高いトップ3のプログラムは、「Apple iTunes 12.x」「Oracle Java JRE 1.8.x / 8.x」「Lhaplus 1.x」の順になった。Apple iTunesは、パッチの未適用率が57%、市場シェア42%、脆弱性29件。Oracle Java JREは、パッチ未適用率53%、市場シェア43%、脆弱性39件、Lhaplus 1は、パッチ未適用率63%、市場シェア26%、脆弱性0件だった。そのほか、2016年の調査による脆弱性の原因ではWindows OSが32%、マイクロソフトのソフトウエアが25%、マイクロソフト以外のプログラムで43%だった。

関連記事

関連サービス

情シス求人

  1. 第二創業期を基盤から支えます。大手クライアント中心。リモートワーク可/フレックス求人! 『サイ…
  2. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  3. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  4. あなたのやりたいことを、叶えてください! 今回は、千代田区岩本町に本社を構える株式会社クリアス…
ページ上部へ戻る