【コンテンツ東京2016/第2回 先端コンテンツ技術展】最先端の映像表現を最新技術で実現 ワンダーウォール

  • 2016/7/7
  • 【コンテンツ東京2016/第2回 先端コンテンツ技術展】最先端の映像表現を最新技術で実現 ワンダーウォール はコメントを受け付けていません
2016/07/07

ワンダーウォールのブース

ワンダーウォールのブース

従来VRと違う「仮想+現実」の映像

ワンダーウォールが誇る紗幕(透けて見える舞台用の幕)スクリーンは、従来よりも発色や反射率、透明度が高く、スクリーンの奥にある人や物などをそのまま見ることができる。つまり、実在の人や物の前にあるスクリーンに映像を投写すると、合成したかのように見えるのだ。

ワンダーウォールが展示した映像デモ

ワンダーウォールが展示した映像デモ

実はワンダーウォールはこのスクリーンの開発・製造・販売だけを手がけているわけではない。「スクリーンの開発・製造・販売だけではなく、ワンダーウォールを使ったイベント事業も手がけている。素材のスクリーンから、舞台の設営、CGコンテツの制作、専属パフォーマーによるパフォーマンスまでを全てを行っている」と、大西功二会長は胸を張る。

同社では自社でコンテンツ制作やパフォーマンスの演出までを行うことで、スクリーンの特性を最大限に活かした、見る人に驚きと興奮、笑顔を与えるビジネスを目指している。

海外での評価を「逆輸入」して国内でメジャーを目指す

また、専属のパフォーマーやCGクリエーターは、世界でも活躍している。

「クウェートでは海外の高級スポーツカーメーカーの新車発表会で、このスクリーンを使ったパフォーマンスを行いました。今は、中国やシンガポールを中心にイベントの営業をかけています」(大西会長)という。

日本のパフォーマンスが海外で評価されたあと、日本で再評価されることも少なくない。「新しいものは欧米で受けることが多い傾向にある。それが逆輸入されて日本でも火がつくということは珍しくない。我々もそれを狙って、まずは海外、そして日本でメジャーになることを目指しています」と、大西会長は同社の戦略を説明する。

透過したスクリーンと、そこに映しだされる映像、そして舞台パフォーマンス。VRとはまた違った未体験映像が、いつか日本のスクリーンを飾る日もそう遠くはないかもしれない。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラストセキュリティ#07:実装編2「Palo alto Networks」

  2. 【情シス基礎知識】今だからこそWindows Helloが生きる!?

  3. いまさら聞けない【情シス知識】Chromebookは安全なのか?

  4. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(後編)

  5. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#17:嫌われる情シスと感謝される情シスの違いとは

  6. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  7. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  8. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  9. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  10. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 「Chromebookにはウィルス対策がいらない」そんな言葉を見聞きしたことはないでしょうか? 文…
  2. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  3. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  4. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  5. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
ページ上部へ戻る