情シスのための決裁獲得メソッド 第7回 IT苦手でビジネスに敏感な社長には「何もしないと損しますよ」の試算表を

  • 2016/6/9
  • 情シスのための決裁獲得メソッド 第7回 IT苦手でビジネスに敏感な社長には「何もしないと損しますよ」の試算表を はコメントを受け付けていません
2016/06/09

このコラムでIT苦手な社長のことをさんざんに書いてきましたが、ITのことは苦手でも、多くの社長はビジネスのことには敏感です。この点は尊重すべきです。経営者とは大変な仕事です。毎月、毎週、あるいは毎日、バランスシートを見ながら悩み続けているのです。

特に「今月は厳しいな……」と渋い顔をしている時に、まったくの前触れもなく「こんなシステム欲しいからおカネを出してください」と言ってしまうと、機嫌を損ねて、大噴火させてしまいます。

そうはいっても、必要な手は打たなくてはなりません。とくにセキュリティ関係の対策など、急いで改修したいシステムも多いでしょう。しかし、「それが何の儲けにつながるのか」ということで、一番説得しづらいのがシステムの改修案件ではないでしょうか?

このことを解決するために筆者は、「Before/After」で示すこと、しかも数字で示すことが一番よい方法だと考えています。

しかし、マイナンバー対策、勤怠管理の厳格化と業務効率化、それらに関わる業務部門の改善、セキュリティ強化などは、「これをやったら売上があがります!」というものではありません。だからといって、放っておくわけにもいきません。こういう業務関連の案件は非常に大切ですが、ITが苦手な社長には理解してもらいにくいのが現実です。

そこで、「Before/After」ではなくて「放っておくとこうなる/手を打つとこう変わる」の比較表を作成して稟議書に添付しましょう。それがITの苦手な社長の胸に響くことになるのです。例えば、以下のような表です。

筆者は文系で一応経営者ですが、取引先の業務部門スタッフに「社長に説得して欲しい」と頼まれることがあります。例えば「勤怠管理をしっかりやりたいのに手作業しか認めないので、勤怠管理ツールを導入するように社長に言ってください」というようなことです。

そんな時は上記に示したような表を作り、「こうしたほうが数字的に見てもよくなりますよ」「放っておくと損するのではないですか?」などと社長に言うと、だいたい話は聞いてくれます。ただ、外部の人間が言うと稟議が通る場合が多いのは、日本の会社の不思議なところでしょう。

あなたの会社の社長や、あなたのせっかちなお客様は、たとえITが苦手だったり、ITの潮流に無知だったりしても、ビジネスには敏感なはずです。そうでなくては、会社の経営はできません。だからこそ「このままでは損をしますよ」という表を稟議書に添えて「コストで説明されると助かるよ!」と言われるように意識しましょう!

関連記事

ピックアップ記事

  1. Findyで1人目のコーポレートエンジニアを募集!会社と組織の基盤づくりをお任せします。 「テ…
  2. 圧倒的な成長、ITによる事業貢献を実現したいあなたへ。 皆さんもスポーツ用品やアウトドア用品で…
  3. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  1. シリーズDXの現場#01:世田谷区DX推進方針 Ver.1

  2. 夏休みを安心して楽しもう!長期休暇前後に行うべき15の対策と注意点-is702

  3. 自社ではどうしてる?マイクロソフトとパーソルがデジタル人材育成で協業

  4. シリーズ『パスワードマネージャ読み比べ』#01:カスペルスキー パスワードマネージャー

  5. PCの性能向上が理由!? ZIPファイルで6ケタの英小文字パスワードは1秒で解読される

  6. Findy株式会社「コーポレートエンジニア」ポジションのご紹介[PR]

  7. Future of Workstyle(働き方の未来)に関する日米アンケート調査結果-IDC

  8. あなたは大丈夫!?日本人のパスワードランキング2020

  9. 「Win10は最後のWindows」ではなかったのか?~Windows 11発表~

  10. スキルアップに有効!?「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」新たに2講座を追加

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

IT-Manager AS

IT-Manager SD

おすすめ記事

  1. 「Chromebookにはウィルス対策がいらない」そんな言葉を見聞きしたことはないでしょうか? 文…
  2. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  3. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  4. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  5. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
ページ上部へ戻る